MENU

LuLu

完璧主義なのに面倒くさがりな20代半ばの一人暮らしOL。

ゴミ部屋のような空間で生活していたこともありますが、暮らしの最適化をして、心地よい毎日を過ごせるようになりました。

部屋も持ち物も人間関係も、好きなものだけに囲まれて生きるのが夢です。

【一晩で治す】体調不良の時の過ごし方

体調不良の時の過ごし方

いくら健康に気を付けていても、人間誰でも具合の悪い日はあるもの。

そんな日はしばらくゆっくりして体調を回復させるのに集中したいところですが、仕事や学校の関係で明日は休めない…ということもありますよね。

この記事では、わたし自身の経験を元に、体調をなるべく早く(できれば1日で)回復させるために必要なことを書いていきたいと思います。

謎の体調不良に襲われる

ベッド

先日、謎の体調不良に襲われました。

体調を崩す数日前から、なんだか異常に頭がガンガンするなとは思っていたのですが、慢性的に肩こりや首の痛みが起こることがあるので、今回の頭痛もそのせいかもしれないとあまり気にしていなかったんです。

そのまま放っておいたら突然、ひどい悪寒と身体のだるさと頭痛に襲われました。

風邪かな?と思ったのですが、喉も痛くないし鼻水も咳も出ないし、熱もない。

まさに、謎の体調不良でした。

体調回復のためにやったこと

ドリンク

幸い体調を崩した日はお休みでしたが、翌日の仕事が休めそうになく、なんとかして治そうと今までの経験を振り返りながら知恵を絞りました。

水分補給

風邪の時は水分補給するべきだとよく耳にするので、体調不良全般に水分補給が効果的なのかもしれないと普段よりたくさん水を飲みました。

水でなくても、お茶やジュースなど飲めそうなものならなんでもいいと思います。

ビタミンC摂取

風邪にはビタミンCとよく聞くので、ビタミンCは体調の回復に効果がありそうだと思って家にあったオレンジジュースを多めに飲みました。

キレートレモンやC1000などのドリンク剤やビタミンCのサプリメントなどもいいですね。

飲むだけで少し体調がすっきりする気がします。

食事

栄養をとらなければと思い、重い身体を引きずって近所のコンビニに行きました。

もちろん消化のいいものを選ぶに越したことはないと思いますが、そんなことを考える余裕もなかったので、とりあえず朦朧とした頭の中で「これなら食べられるかも」と感じたものを手に取りました。

この日は消化の良さ完全無視でおにぎりと春雨サラダ、いちご大福を購入。

体調が悪い時は食欲が出ないことも多いですが、食べて気持ち悪くなる感じでなければとりあえず何か食べておくといいと思います。

外出する用事がなければ、数時間後に玄関先まで食材を届けてくれるネットスーパーを頼るのもひとつの方法です。

イトーヨーカドーネットスーパー

睡眠

身体がつらすぎて、メイクも落とさずに布団に入ってしまいました。

布団が汚れることに抵抗はありましたが、お風呂に入る体力も残っておらず、元気になったら布団を洗おうと心に決めて潜り込みました。

これが正解だったようで、とにかく睡眠をとることが体調回復に一番効果的だったように感じています。

保温

高熱の時、汗をかくと熱が早く下がるというのを思い出して実践。

とにかく寒気がひどかったこともあり、暖房を付けて布団に包まっていました。

体調回復には睡眠が一番効果的

睡眠

水分補給も食事も大切ですが、体調回復に一番効果的だったのは睡眠です。

ひたすら眠り続けたことで、翌朝は8割くらい回復した状態で目覚めていつも通り会社に行くことができました。

体調不良を自覚した時、もしすぐに寝られる環境なのであれば睡眠を第一優先にすると、回復を早める近道になるかもしれません。

体調を崩すと、当たり前だと思っていた健康のありがたさが身に沁みますね。

どうぞお大事になさってください。

Instagram
Twitter
Feedly
SHARE