MENU

LuLu

完璧主義なのに面倒くさがりな20代半ばの一人暮らしOL。

ゴミ部屋のような空間で生活していたこともありますが、暮らしの最適化をして、心地よい毎日を過ごせるようになりました。

部屋も持ち物も人間関係も、好きなものだけに囲まれて生きるのが夢です。

20代OLミニマリストのアウター全4着。各シーズン2着を用意する

ミニマリストのアウター

 

20代OLミニマリストのワードローブ、トップス全12着を公開してみる」「20代OLミニマリストのワードローブ、ボトムス全7着を公開してみる」に引き続き、この記事ではわたしの持っているアウターを紹介していきたいと思います。

理想のワードローブ

・オールシーズン着用可能(衣替え不要)

・着回しバリエーション豊富

・着心地が良い

・デザインが好み

・お手入れが楽

断捨離して厚手・薄手のコートが1着ずつになってしまったので、これから季節が進んだ時に買い足したいアイテムもありますが、とりあえずこんな感じに落ち着きましたという紹介です。

アウター選びのポイント

コート

アウター選びのポイント

・ロング丈

・トップスとしても着用可能な形(カーディガン)

この2点を意識しながらアウター選びをしています。

アウター選びのポイント1

・ロング丈

アウター着用時は、トップスとボトムスの相性と同じようにアウターとボトムスの相性も重要です。

手持ちのボトムスとの相性を考えることももちろんですが、なるべくロング丈のアウターを選ぶとボトムスとのバランスが悪いという失敗が少なくなります。

アウター選びのポイント2

・トップスとしても着用可能な形(カーディガン)

なるべく少ない量の服で着回すためには、1枚で複数の役割を果たしてくれる服があると便利です。

カーディガンは、ボタンを開けて普通にカーディガンとして、ボタンを閉めてトップスとして違和感なく着用できるような形を選ぶようにしています。

わたしはクルーネックよりもVネックの方がきちんと見えて好きなので、Vネックでなるべく襟が開きすぎないカーディガンを購入することが多いです。

アウター全4着(最終的には6着予定)

現在所有しているアウターは全4着。

今後、厚手のコートと薄手のジャケットを1着ずつ買い足したいと思っているので、最終的には6着のアウターでオールシーズン着回しをする予定です。

厚手のコート

コート

OPAQUE.CLIPのチェスターコートです。

持っているアウターの中で一番厚手なので、冬に大活躍。

グレーのチェスターコートは本当に何でも合うので、これまでに何度も買い替えています。

直近の冬はこのコートと黒のコートの2着で乗り切りました。

黒のコートは丈が短く合うコーディネートが限られるのがネックで断捨離したので、新しくコートを1着買い足す予定です。

薄手のコート

コート

ナチュラルビューティベーシックのトレンチコート。

主に春と秋に着ています。

フォーマルにもカジュアルにも合わせられるので重宝します。就活時もこのトレンチコートにはお世話になりました。

厚手のコートは暑すぎるけれど、カーディガンでは寒い…という時用の上着がこれだけなので、こちらもジャケットを新しく買い足したいと思っています。

カーディガン

カーディガン

ノスタルジアのロングカーディガン。

他に、ユニクロの黒カーディガンとハニーズのグレーのカーディガンも持っています。

Vネックカーディガンはボタンを閉めてトップスとして、カーディガンとして、肩に巻いてアクセサリー代わりと防寒…という感じで1年中活躍します。

真夏も室内は冷房が効いていて寒いくらいなので、羽織るものがあると安心。

ロングカーディガンは3wayなので、ワンピース(前後)・アウターとして着ることができて便利なアイテムです。

シンプルなアイテムで組み合わせを無限大に

カーディガン

トップス、ボトムス、アウターと断捨離してきて、シンプルなアイテムの着回しに無限の可能性を感じました。

個性的なアイテムはこだわりが出る部分ではありますが、どうしても合わない組み合わせで見た目が変になる、服の形状で重ね着がしにくいなどの問題が出てきてしまいます。

その点、シンプルなアイテムはひとつひとつの印象こそ弱いですが、そのぶん何通りにも着回せてコーディネートによって全く違う服のように見せることができるのが魅力的。

少ない服でもおしゃれを楽しめるように、これからもコーディネートの研究を重ねていきたいです。

\服は買わずにレンタルするという選択肢/

▶︎関連記事:エアークローゼットのある生活。洋服を持たずにおしゃれになれる

Instagram
Twitter
Feedly
SHARE