YouTubeも始めました!

一人暮らしミニマリストOLの、ストレスフリーなクローゼットの作り方

一人暮らしミニマリストOLの、ストレスフリーなクローゼットの作り方

物の少ない暮らしに目覚めて、クローゼットの中身を見直すことに。

活用できていない服を断捨離し、新たに着回しのきく服を買い揃えました。

たいして着ない服がクローゼット内のスペースを占領するということがなくなると、服選びあるあるな、服はあるのに着る服がない現象とは無縁に。ストレスフリーな暮らしに一歩近付くことができました。

  • 中身を見直し、シンプルにする
  • 着回しのきく服を揃える

快適なクローゼット作りのためには、この2つのポイントが大切です。

20代女性ミニマリストのクローゼット

一人暮らしミニマリストOLの、ストレスフリーなクローゼットの作り方

うちのクローゼットは0.5畳くらいのスペースで、ワンルームにしてはそこそこな広さがあるかな?と思っているのですが、目一杯に物を置いてしまうと途端に使いにくくなります。余白って本当に大切です。

この一列に、服・下着・バッグなどをすべて吊るして管理しています。

服はすべてハンガーで管理

一人暮らしミニマリストOLの、ストレスフリーなクローゼットの作り方

衣替えはせずに、すべての手持ち服をハンガーで管理しています。

真夏でも冬物が、真冬でも夏物が常にハンガーにかかっている状態なので、ちょっとシュールな光景かもしれませんが、衣替えの必要がないってとても楽なんです。

すべての服をハンガーに揃え、すぐに着られるようにしておけば、季節の境目の「そろそろ衣替えしなきゃ」というプレッシャーから解放されます。

最近は季節と季節の境目が曖昧になってきているので、季節外れの天候や気温にも対応することができて何かと便利です。

ハンガーは、ミニマリスト御用達のマワハンガーを使っています。スタイリッシュでおしゃれな見た目が素敵!

デザインだけでなく、細いストラップのキャミソールを掛けても落ちてこない特殊なプラスチックを使っているので、クローゼットの中で服がいつの間にか落ちているというストレスがなくなるのも嬉しいポイント。

色や形のラインナップも豊富なので、ぜひお気に入りを見つけてみてください。

小物類は吊るせる収納で管理

一人暮らしミニマリストOLの、ストレスフリーなクローゼットの作り方

小物類は、無印の吊るせる収納・小物ポケットへ。

6つのポケットがあるので、アイテムごとに細かく収納することができます。

  • ストッキング
  • タオル
  • ベルト類
  • 消臭剤
  • ファッション小物(マフラー・手袋など)

引き出しを購入しようか迷いましたが、吊るす収納を選んで正解でした。

服を選ぶ動線で、インナーも小物もさっと手に取ることができるとスムーズです。

吊るせる収納・小物ポケット

ワードローブの選び方

手持ちの服は、着回し力と手入れの楽さで選んでいます。

いろいろ試してみて「このポイントをおさえるとワードローブの戦力になる」と実感した、トップス・ボトムス・アウター選びのポイントをこちらにまとめてみました。

手持ちの服を詳しく紹介した記事も貼ったので、それぞれの服の選び方を詳しく知りたいという人は、こちらも合わせて読んでみてくださいね。

トップス

ニット(グリーン・黒ボーダー・イエロー)

  • 長袖か半袖(着心地が悪くなるので、半端な長さは選ばない)
  • ベーシックな色とデザイン
  • 首元が綺麗に見える形(Vネックと丸いラウンドネックは、合う合わないが分かれます)
  • 着心地が良い
  • シワになりにくい(アイロンがけ不要)

▶︎関連記事:20代OLミニマリストのワードローブ、トップス全12着を公開してみる

ボトムス

レーススカート

  • 体に合ったサイズ
  • カジュアルにもオフィスライクにも着こなせる
  • どんなトップス・アウターにも合うデザイン

▶︎関連記事:20代OLミニマリストのワードローブ、ボトムス全7着を公開してみる

アウター

チェスターコート

  • ロング丈
  • カーディガンはトップスとしても着用可能な形

▶︎関連記事:20代OLミニマリストのアウター全4着。コートは何着用意すればいい?

こだわりたい服はレンタルする

エアークローゼット

  • 着回しは難しいけど、着てみたい服がある
  • 気分転換がしたい

こんな時に便利なのが、服のレンタルサービス。

新しく服を買う時って、

着回せるかな?着心地はどうかな?すぐ汚れないかな?

こんな風に悶々といろいろなことを考えてしまって、決める頃には疲れ果てていることが多いのですが、レンタルだとしばらく着続けなければならないストレスがないので、とても気が楽なんです。

着回しのきくベーシックな服は購入し、コーディネートのアクセントになる服はレンタルする、というスタイルが心地よくて気に入っています。

わたしは実際に、

この2つのサービスを利用して、服のレンタルはサービスによって合う人・合わない人が分かれるなと感じました。

わたしの所感としては、こんな感じです。

わたしは自分で服を選ぶのが好きなので、現在はメチャカリを使っています。

▶︎関連記事:【2020年】20代OLにぴったりなファッションレンタルサービスおすすめ5選

ストレスフリーなクローゼット作りのポイント

  • 吊るす収納で、ワードローブをひと目で把握できるようにする
  • 着回しのできる服を揃える
  • 服をこだわりたい時は、レンタルサービスを利用する

まずは、クローゼットの中身を見直し、いらないものは断捨離することが大切です。

1列に手持ちの服や小物をすべて並べるとまではいかなくても、なるべくスムーズな動線で、手持ちのアイテムが見渡せる状態が理想的。

それが終わったら、本当に着る服だけを厳選します。

そして、せっかくクローゼットを見直した後は、安易に服を増やさない!

できるだけ手持ちの服で着回すか、物足りない時はレンタルを利用して「本当に必要かどうか」を考える期間を設けることが、リバウンド防止に効果的です。

ぜひストレスフリーなクローゼットを手に入れて、心地よい暮らしを実現させてくださいね。

おすすめ関連記事

【2020年】20代OLにぴったりなファッションレンタルサービスおすすめ5選

20代OLミニマリストのアウター全4着。コートは何着用意すればいい?

ミニマリストのインテリア。一人暮らしは家具を厳選してすっきり暮らす