日経WOMAN 2020年3月号に掲載されました

キーケースはいらない。スマホケースは鍵の収納場所にぴったりだった

キーケースはいらない。ミニマリストはスマホケースを鍵の収納場所に

以前、キーケースを断捨離して鍵の保管場所を財布の中に変えました(詳しくは「ミニマリストへの道。キーケースを断捨離して財布に鍵を入れてみた」という記事をご覧ください)

今までキーケースを使っていたのはなんだったんだろうと思うくらいに何の問題もなく使っていたのですが、人間って欲深いもので、今度はだんだん家の前で鍵を出し入れする作業が面倒だと感じるように。

ふと、いつも手に持っているスマホに鍵を付けたらもっと楽になるのでは…?と思い立って試してみたら、すごく便利だということに気が付きました。

持ち物のミニマル化を目指している人に、ぜひ試してみてほしい方法です。

ファスナーポケットケースを購入


→ ファスナーポケットケース

スマホと鍵を一体化させるには、まずケース探しから。

ファスナー付きのスマホケースって、意外と売っていないものなんです。ロフトや東急ハンズ、携帯アクセサリーショップなどをちょこちょこ覗いてみましたが、そもそも数が少なく、あってもデザインが微妙な感じ…

結局、ネットで探してUNiCASEのファスナーポケットケースを購入しました。

届いて実物を見てみると収納部分の布が薄めで、すぐ破けるんじゃないかと不安だったのですが、使い始めて半年経った今でも綺麗なまま使えています。

劣化したところといえば、ファスナー部分の塗装の色ハゲくらい。

スマホを机の上に置いた時に必ず当たる場所なので、こればかりは仕方ないですね。

見た目もシンプルながらおしゃれで、値段も手頃。いい買い物でした。

ラインナップはこの色の他にも、薄いピンク、ブルー、グレー、ベージュ、ホワイトが揃っています。星やドットの柄入りタイプもあって種類豊富なので、ぜひお気に入りを見つけてみてください。

鍵の収納場所をスマホケースにした感想

iPhone

とにかく楽!の一言に尽きます。

家の前でバッグをガサガサしなくて済むようになり、ストレスフリーになりました。

スマホなら、だいたい手に持っているか(歩きスマホはよくないのですがなかなか直らない…)バッグの外ポケットに入れているので、スムーズに鍵を取り出せてスマートな行動が叶います。

スマホを持った時に鍵の感触がわかるので、鍵をなくすリスクも減りそう。

鍵の保管場所をキーケースからスマホケースに変えるアイディアは、想像以上にいい選択でした。

スマホケースに鍵を収納するメリット・デメリット

バッグ

  • 持ち物のミニマル化が叶う
  • 鍵をなくすリスクが減る

キーケースを断捨離する一番のメリットは、持ち物をひとつ減らせること。

「キーケース」という小さな存在でも、あるのとないのとでは大違いです。

また、鍵をなくす可能性が低くなることも、嬉しいポイント。

肌身離さず持ち歩く人が多いであろうスマホと一緒にしておけば「あれ、鍵は?」と焦ることも減りそうです。

  • 少し味気なく感じることも

唯一のデメリットは、持てる革小物がひとつ減ってしまうことでしょうか?

特に、ブランド物のアイテムは、財布・キーケース・名刺入れ・パスケースなど、シリーズで揃えたい人もいるかと思うので、そういう人にとっては少し物足りなく感じるかもしれません。

逆に言うと、デメリットはこれくらい。

キーケースの断捨離、持ち物を減らして身軽に生きたい人には、ぜひ一度試してみてほしい方法です。