MENU

LuLu

完璧主義なのに面倒くさがりな20代半ばの一人暮らしOL。

ゴミ部屋のような空間で生活していたこともありますが、暮らしの最適化をして、心地よい毎日を過ごせるようになりました。

部屋も持ち物も人間関係も、好きなものだけに囲まれて生きるのが夢です。

ミニマリストへの道。キーケースを断捨離して財布に鍵を入れてみた

ミニマリストと鍵

ミニマリストに憧れて物の少ない暮らしを目指し、自分の身の回りの持ち物は何かひとつでも減らすことができないかと、毎日目を光らせています。

そんな中で、最近わたしが目を付けたのがキーケース兼定期入れの断捨離でした。

というのも、数ヶ月前にスマホをiPhone8に変えてからApple PayのおかげでSuicaがいらなくなったんです。

ふと「鍵を財布の中に入れたらどんな感じだろう?」と思い、試してみることに。

▼その後、鍵はファスナー付きのスマホケースに入れるようになりました。

鍵の断捨離をする

キーケース

財布の中にいくつも鍵を入れるのは流石に邪魔なので、まずは鍵を断捨離することにしました。

手持ちの鍵

・家の鍵

・会社の鍵

・実家の鍵

持っている鍵を改めて見てみると、実家の鍵をほとんど使っていないことに気付きました。

急に帰ることもないし、なったとしても親に連絡すれば鍵は開けてもらえるはずです。

なので、実家の鍵は持ち歩かずに家に保管しておくことにしました。

会社の鍵は、休日に会社に行く用はないので今まで使っていたキーケースに入れて、仕事用のバッグに保管することに。

これで、いつも持ち歩く鍵は家の鍵のひとつだけになります。

財布の小銭入れの中に鍵を保管する

財布

よく、ミニマリストの人たちが財布の中に鍵を入れているのを見かけるたびに、便利そうだなと思っていました。

実際に小銭入れに鍵を入れるようになってみたら本当に身軽で、これまでキーケースを使っていたのはなんだったんだろうと思うくらい、違和感なく過ごしています。

キーケースを使っていた時はバッグの中で鍵が行方不明になることがあったのですが、今は小さい鍵だけを単体で出し入れしているので「確実に鍵をしまう」ということが徹底できていい感じです。

普段持ち歩く荷物がひとつ減り、身軽になって清々しい気持ちになりました。

ミニマリストの鍵の持ち歩きには財布がぴったり

鍵

これまでにも「キーケースを断捨離すれば荷物が減って身軽になるな」と思い付いたことがありますが「不便そうだし、鍵をなくしそう」と不安に思って、どうしても躊躇してしまっていました。

ところが、いざ試してみたら本当に便利で、家の鍵を閉めた後に確実に財布に鍵を戻すことを徹底すれば、なくすリスクもない。実際に試してみるって大切だなと実感しました。

これからも身の回りにある、ひとつにできそうなものはどんどんまとめていきたいなと思います。

日常の中で本当に必要なものを見極めることを意識して、身軽で軽やかな生き方を目指していきたいです。

▼その後、鍵はファスナー付きのスマホケースに入れるようになりました。

Instagram
Twitter
Feedly
SHARE