日経WOMAN 2020年3月号に掲載されました

一人暮らしミニマリストOLと家電。自分だけの適量を探ってみよう

一人暮らしミニマリストOLと家電。自分だけの適量を探ってみよう

一人暮らしを始めてから2年半。当初は「なるべく家電は持ちたくない」と思っていました。

  • 洗濯機
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ

初めはこの3点だった家電も、

気付けば9点に。

電子レンジや炊飯器でさえ「いらない」というミニマリストが多い中で、空気清浄機やエスプレッソマシンまで持っているわたしは、一般的にはミニマリストではないのかもしれません。

ですが、わたしにとってのミニマリストの定義は「自分にとって必要最低限なものだけを持って暮らす人」なので、物を少なくすることだけに固執せず、自分の適量を探っていきたいと思います。

洗濯機

一人暮らしミニマリストOLと家電。自分だけの適量を探ってみよう

「洗濯機を持たない」という人もいますが、わたしはこの先も手放すことはないだろうなと思っています。

  • 1週間に1度コインランドリーに行けば十分
  • 手洗いが苦にならない

こういった人は、もしかしたらなくても困らないかもしれません。

わたし的には洗濯機そのものを管理する労力よりも、1週間洗濯しなくて大丈夫な量の着替えを管理する労力の方が負担なので、これからも持ち続けようと思います。

冷蔵庫

一人暮らしミニマリストOLと家電。自分だけの適量を探ってみよう

基本的によく冷えた物が好きだし、食材の冷凍も頻繁にするので、必要不可欠な存在。

外食しかしないか、毎食買い出しに行くのであれば、なくても困らないのかもしれませんが、逆に食費が高く付きそうです。わたしはどっちも面倒なので、これからも冷蔵庫は持ち続けます。

持っているのは2ドアのシンプルなタイプです。

実家の冷蔵庫は自動製氷機能が付いていて便利だったので、一時期はお金ができたら買い替えたいな〜とぼんやり思っていましたが、

  • 氷の使用頻度はそんなに高くない
  • 氷を作るのに特に負担を感じない

別に自動製氷機能は、ないならないでまったく問題ないというのが今の感想です。

電子レンジ

一人暮らしミニマリストOLと家電。自分だけの適量を探ってみよう

火を使うよりも断然手軽な電子レンジは、一人暮らしの強い味方です。

なんなら、コンロはいらないから電子レンジが欲しいくらい。

  • 食事を温め直す時
  • 冷凍食材を解凍する時
  • 手軽に料理をしたい時
  • 蒸しタオルを作る時

「鍋を使えばいい」という考え方もありますが、洗い物が出るのが嫌だし、なんか面倒。

なので、これからも電子レンジにお世話になろうと思います。

掃除機

一人暮らしミニマリストOLと家電。自分だけの適量を探ってみよう

前職時代、掃除もまともにできないくらいに追い詰められていた時に購入したルンバ

あれから2年以上が経ちますが、転職した今も大活躍中です。

  • 床掃除の手間がゼロになる
  • いつでも髪の毛ひとつ落ちていない、綺麗な床を保てる

一般的に見れば、ハンディクリーナーなどで自分で掃除した方が安上がりですが、わたしは手間もコストの一部だと考えているので、コスト×自分の心地よさがぴったりはまったルンバが好きです。

▶︎関連記事:ルンバで家事の断捨離を始めて2年。メリットだらけのルンバとの暮らし

シュレッダー

一人暮らしミニマリストOLと家電。自分だけの適量を探ってみよう

「無駄だ…!」と思われるかもしれませんが、シュレッダーはミニマリストにこそおすすめです。

書類の個人情報を消す作業の手間がかからなくなるので、不要な書類を片付けるスピードが格段に上がります。

ゴミ部屋に住んでいた頃、部屋の中にゴミが溜まる大きな原因のひとつが書類でした。

ダンボールに貼られた伝票や、DMの宛名を消す作業がとにかく面倒で、気が付いたら山積みに…まさに「塵も積もれば山となる」を実感しました。

シュレッダーを買って、いらない書類はすぐシュレッダーにかけるのを習慣化したら、部屋がだいぶマシな状態になりました。

汚部屋で、何から手を付けていいかわからない人は、とりあえずシュレッダーを買ってください。

炊飯器

一人暮らしミニマリストOLと家電。自分だけの適量を探ってみよう

前職時代は、出張続きでほとんど家にいなかったので、炊飯器は買いませんでした。

代わりに、電子レンジでご飯が炊ける炊飯器のようなものを購入して使っていたのですが、うまく炊くのは難しく…

いつも固すぎたり柔らかすぎたりして、結局ほとんど使わずにレトルトご飯で済ませていました。やっぱり本物の炊飯器には叶いません。

今は、ほぼ毎日家で食事をするので、炊飯器が必需品です。

炊きたてかどうかにはあまりこだわりがないので、いつも3合まとめて炊いて、冷凍保存しています。

空気清浄機

一人暮らしミニマリストOLと家電。自分だけの適量を探ってみよう

ひどい花粉症持ちで、特に直近の花粉シーズンは、寝起きのモーニングアタックで死にかけていました。

困り果てていろいろ調べていたら、空気清浄機が効果的という情報を発見したので急いで購入。

なんとなく加湿機能付きの物を選んだのですが、その加湿機能がなかなか便利でした。

  • 花粉シーズンは花粉対策として
  • 秋冬は乾燥対策として

何かひとつの用途のためだけに、新しい物を購入するのはためらいがあるという人は、複数の機能がついた物を積極的に選ぶようにすれば、結果的に無駄になるリスクが低くなるかもしれません。

▶︎関連記事:ミニマリストに空気清浄機は必要?花粉症に耐えかねて購入した感想

エスプレッソマシンとミルクフォーマー

一人暮らしミニマリストOLと家電。自分だけの適量を探ってみよう

ずっと「欲しいなあ…」と頭では思っていたのですが、なかなか購入に踏み切れなかったエスプレッソマシン。友達が誕生日にプレゼントしてくれました。

これぞ、自分にとっての必要最低限リストに入れたい存在です。エスプレッソマシンとミルクフォーマーがあるおかげで、毎日の幸福度が格段に上がっています。

特にミルクフォーマーがあると、ただのラテやココアなどに一気にカフェドリンク感が出るので、何か特別なドリンクが飲みたい時も「家で作ればいいや」となることが多く、結果的にカフェ代の節約にもつながっています。

自分だけの必要最低限リストを作る

一人暮らしミニマリストOLと家電。自分だけの適量を探ってみよう

ストイックに「家電は一切持たない!」と決めるのも、芯があってかっこいいなと思いますが、それだと物理的にも心理的にも、不自由を感じる人の方が多いのではないでしょうか?

人はそれぞれ育ってきた環境も、価値観も違うので、他の人に合っていたから自分にも合うとは限りません。

ミニマルライフを送りながらも心地よく暮らしていくためには、自分だけの必要最低限リストが必要不可欠。

持っていない方が心地よく暮らせるのか、持っていた方が幸せになれるのか、その2つのちょうどいいラインを見つけていくことが大切だと思います。

▶︎関連記事:ミニマリストのインテリア。一人暮らしは家具を厳選してすっきり暮らす