日経WOMAN 2020年3月号に掲載されました

仮免に落ちた…とショックを受けている人へ。落ちこぼれ教習生の体験談

仮免に落ちた…とショックを受けている人へ。落ちこぼれ教習生の体験談

先日、運転免許を取得しました。

社会人で平日働きながら休日に教習所に通う日々は思っていたよりずっとハードで、しかも下手すぎて乗り越し・技能試験不合格・補習は当たり前。何度も心が折れそうになりました。

それでも今、免許を手にして思うのは、月並みですが「諦めなくてよかった」という気持ちです。

この記事では、8ヶ月間かけてやっとの思いで免許を手にした経緯と、今の心境を綴っておきたいと思います。

修了検定や卒業検定で不合格になってしまって落ち込んでいる人に「こんな人もいるんだ」と少し元気になってもらえたら嬉しいです。

教習所通いを始めた経緯

仮免に落ちた…とショックを受けている人へ。落ちこぼれ教習生の体験談

わたしが免許を取ろうと思った理由は、人の車に乗せてもらうのが面倒だったから。

転職してから、上司と車移動する機会があり「本来なら下っ端である自分が運転すべきなのに、上司に運転させている」という負い目を感じたり、運転してもらったお礼などをいちいち考え、気を使うのが本当に苦痛でした。

「乗せてもらっておいて何偉そうなこと言ってるんだ」と思われるかもしれませんが、これが本音。

いい機会だから免許を取ろうと、教習所通いがスタートしました。

初期の段階で教習所に行くのが面倒に

仮免に落ちた…とショックを受けている人へ。落ちこぼれ教習生の体験談

人の車に乗るのが嫌だという、なんともわがままな理由で始まった教習所ライフでしたが、仕事の都合で初めの数ヶ月は月1ペースでしか通えず、初っ端からやる気がなくなりました。

これまではそんなことなかったのに、わたしが教習所に通い出した途端、狙ったように仕事の予定がコロコロ変わり、休日が突然出勤になることは日常茶飯事。

技能教習は予約制なので、突然予定が変わると教習がパーになってしまいます。

幸い、予定が全く立てられないというのは一時的なものでしたが、このせいでわたしのモチベーションは一気に下がってしまいました。

S字クランクのせいで修了検定は3回も落ちた

仮免に落ちた…とショックを受けている人へ。落ちこぼれ教習生の体験談

やっと休日が定まってコンスタントに教習所に通えるようになり、少しずつ運転が楽しいと感じるようになったところで来た最初の試練。

そう、仮免許取得のための修了検定です。

わたしは修了検定の課題のひとつである、S字クランクが死ぬほど苦手でした。特にS字。S字脱輪のせいで3回も落ちました。

何回通っても、何回教えてもらってもコツがわからない。意味がわからない。怖い。生きた心地がしない。

この感覚は、学生時代に体育の授業でみんなと同じようにできない時に味わった屈辱によく似ていて、やっぱり運動神経と車の運転は関係あるんだな…と思いました。

こんなところで自分の運動神経の悪さが足を引っ張るとは思わず、本当に修了検定を受けていた時期は辛くて仕方なかったです。

「仮免の技能って落ちる人いるの?笑」という、友達の何気ない発言にモヤモヤすることも…

休日しか検定を受けられないので、チャンスは週に1度。結局、丸々1ヶ月かかって仮免許を取得しました。

ちなみに、修了検定の時の緊張感が、大嫌いだったピアノの発表会の緊張感と同じで「もう二度と実技系の試験は受けない、緊張するようなことはしない」と心に誓いました。

迫り来る教習期限に焦り、毎週教習所に缶詰の休日

仮免に落ちた…とショックを受けている人へ。落ちこぼれ教習生の体験談

やっとの思いで仮免許を取得して、ふと教習原簿を見ると、地味に教習期限が迫っていることに気が付きました。

毎日通えるのならまだ余裕がありますが、わたしのチャンスは週に一度だけです。

思いのほか修了検定合格に時間がかかったこともあり「卒業検定も同じくらいかかるかもしれない、受けられるものは早く受けよう」と心を入れ替えて頑張りました。

常に休日は教習所の予定が最優先で、教習所の予定がわかったら、隙間の時間で他の用事を済ませる日々。これが地味にストレスで、この時は一刻も早く解放されたいという思いしかなかったです。

まさかのラスボス方向変換&縦列駐車

仮免に落ちた…とショックを受けている人へ。落ちこぼれ教習生の体験談

休日を犠牲にして教習所に通い詰めたおかげで、第1段階に比べてかなり早いペースで卒業検定までたどり着くことができました。

卒業検定の課題のひとつである方向変換と縦列駐車は気がかりでしたが、見る場所やポイントが決まっていたからか、意外とすんなりマスターすることができ「これは卒業検定も1発で合格できるかも」と思っていました。

そして迎えた卒業検定、やっぱりやらかしました。

方向変換に当たったのですが、今まで当てたことのない縁石にぶつかってしまい、どう対処していいかわからずに、4回の切り返しを使い切って検定中止に。

ショックはショックでしたが、修了検定の屈辱を経験しているのでそこまでの打撃はなく、2回目のチャレンジで晴れて合格、教習所を卒業しました。

教習所で落ちこぼれても免許は取得できた

仮免に落ちた…とショックを受けている人へ。落ちこぼれ教習生の体験談

こんな感じで、かなり苦労して免許を取得しました。

ここまで辛いとは思っていなかったので、何度も辞めたいと思いました。

特に検定に落ちた時は、大げさではなく、奈落の底に突き落とされたような気分になったことをとてもよく覚えています。

でも、諦めなくてよかった。運転は自分には無縁のものだと思っていましたが、やってみると意外と楽しい!一生ものの趣味がひとつ増えたような気持ちです。

結局わたしは修了検定に3回、卒業検定に1回落ちましたが、それでも免許証は普通にもらえました。

周りの人に話を聞いても、意外と落ちている人ってたくさんいるんです、言わないだけで。なので、検定後の合格発表で不合格者が自分だけでも、そんなに気にしなくて大丈夫です。

今はつらくても、諦めなければあとで笑い話にできます

この記事を読んでくれた方が、無事に免許を取得できますように。応援しています。

おすすめ関連記事

仕事、辞めてよかった。新卒の会社を1年で辞めて第二新卒で転職した話

理想の暮らしを叶える方法。なりたい姿を考えて、ゴールを明確にする

人間関係の断捨離をしたら、信じられないくらい生きやすくなった話