ミニマリストの秋服について考える。10月は上着の着回しが難しい!

ミニマリストの秋服

 

10月も半ばを過ぎると、上着が欲しい日が増えてきます。

ここ数年はトレンチコートに頼りっぱなしだったのですが、湿気のせいかカビのような臭いを感じ、クリーニングに出すのが面倒で一か八かで洗濯機に入れたら、シワシワになって2度と使えなくなりました。

その話はさておき、この記事では、トレンチコートが必要になる少し前の、薄い長袖と薄い上着の中間くらいの気候に着ている服を紹介したいと思います。

上着が必要になり始めた季節の4着

・カーディガン

・シャツ

・パーカー

・ロングカーディガン

夏が終わり、朝晩は半袖だと肌寒く感じるようになった時に便利なのが、カーディガンやシャツ、パーカー。

わたしの中では、この時期に着る羽織り物とトップスの境目は曖昧で、なるべくなら兼用してミニマムな所有数をキープしたいなと思っています。

カーディガン

カーディガン

着用目安

最低気温16℃〜20℃

半袖や薄い長袖だと不安だなと感じる時は、長袖カーディガンの出番です。

真夏の冷房対策としても活用しているので、ほぼ1年中使っています。

襟元が空きすぎないデザインを選ぶと、トップスとしても着られて便利です。

▶︎UVカットスーピマコットンVネックカーディガン(長袖)

シャツ

シャツ

着用目安

最低気温16℃〜20℃

カーディガンが洗濯中の時に着ることが多い、シャツ。

カバーできる気候はほぼカーディガンと同じという認識です。

わたしの場合はどちらかというと、トップスとして活躍することの方が多いかもしれません。

▶︎レーヨンブラウス(長袖)

パーカー

パーカー

着用目安

最低気温15℃〜18℃

カーディガンだと薄すぎるけど、ジャケットを羽織るほどではないという時は、パーカーです。

カジュアルな服装が得意じゃないので、パーカーってこれまで軽視していたのですが、パーカーの防寒性はかなり優秀です。薄手でも本当に風を通さない…!

ただ、アウターや靴などの、他のファッションアイテムよりも着回し頻度が高い物は、なるべく濃い色の方が合わせやすいな〜と感じます。

ちなみにこちらも、ファスナーを上まで上げれば、トップスに。ミニマリストたるもの、できるだけ2way以上の活用ができる服を選びたいという思考です。

▶︎スウェットフルジップパーカ(長袖)

ロングカーディガン

カーディガン

着用目安

最低気温15℃〜20℃

防寒的な意味ではカーディガンとパーカーの中間くらいですが、持っていて損はないのがロングカーディガン!

アウターとしてはもちろん、アイテムを見極めればワンピースとしても使えます。

アウターとして

普通にカーディガンとして着用しても、丈が長いので暖かいし、

ワンピースとして

ボタンを全部閉じてワンピースとして着ても、秋にぴったりの体感になります。

活用しやすいロングカーディガン

・襟が空きすぎない

・丈が短すぎない

・身体のラインを拾いすぎない

▶︎前後2WAYリブニットカーディガン

微妙な季節の上着問題

コート

最低気温15℃くらいまでなら、今のままで対応できるのですが、問題はその先から冬までの季節。

ジャケット、ブルゾン、トレンチコート、何か1つか2つくらいは買い足さないとな〜という感じです。トレンチコートが死んだのが悔やまれる…

上着の管理計画

・薄手の上着(できれば春・秋兼用)…2着くらい

・厚手の上着(冬用)…2着くらい

これくらいで1年間着回せたらいいなというのが希望です。

トレンチコートがダメになってしまったので、今あるのは冬用のチェスターコート1着のみ。

何を選ぶか悩みどころです。防寒力はもちろん、どんな服にも合わせられるような着回し力も、上着はより重要ポイント。果たして、身軽なクローゼットを維持できるのか?責任重大です。

▶︎関連記事:20代OLミニマリストのアウター全4着。各シーズン2着を用意する