YouTubeも始めました!

お風呂が面倒にならない方法。アイテムを賢く活用して負担を減らす

お風呂が面倒にならない方法。アイテムを賢く活用して負担を減らす

お風呂がどうしても面倒な時、ありませんか?

疲れていたり、眠かったり、気力がわかない時は、お風呂に入ることがとてつもなく高いハードルになってしまうものですよね。

そんな時に効果的なのが、お風呂で使うアイテムを減らすという方法。

手間が減ると心理的な負担も減り、面倒な気持ちが和らいで「これくらいなら入ろうかな」という気になってきたりするものです。

お風呂がめんどくさい時のための対策

お風呂が面倒にならない方法。アイテムを賢く活用して負担を減らす

お風呂で使うアイテムが減れば、お風呂で行う作業の工程も減ります。時短にもなって一石二鳥です。

  • シャンプー
  • コンディショナー
  • クレンジング
  • 洗顔料
  • ボディソープ
  • 化粧水
  • 保湿ジェル
  • ボディクリーム

お風呂で使うアイテム、わたしはこんな感じです。

これらを可能な限りひとつにまとめることが、結果的にお風呂のハードルを下げることにつながるかも?と思い、試してみました。

リンスインシャンプー

  • シャンプー→洗い流す→コンディショナー→洗い流す

この一連の動作がめんどくさい。2回も洗い流すのめんどくさい。そう思って、リンスインシャンプーに切り替えてみることに。

長年シャンプーとコンディショナーは分けて使っていたので、はじめは少し抵抗がありました。

洗い上がりも、コンディショナーのツルツル感がなくなるとこんな感じになるんだ…(ギシギシはしないものの、コンディショナーがない分さっぱりしすぎる)と戸惑いましたが、数日使い続けていたら気にならなくなりました。

ツルツル感が欲しいなと思う時は、コンディショナー代わりに洗い流さないトリートメントを髪を乾かす時に使っています。

W洗顔不要クレンジング

洗顔料で落とせるメイクを検討しつつ、やっぱりしっかりメイクをしたい…と考え、行き着いたのはW洗顔不要のクレンジングを使うこと。

リンスインシャンプーと同じで、クレンジングと洗顔が1度で終われば手間が減りそうです。

わたしも、手持ちのクレンジングと洗顔料が切れたタイミングで切り替えようかなと思っています。

もしくは、顔にも使えるボディソープを使うのもひとつの手。

  • W洗顔不要のクレンジング+ボディソープ
  • クレンジング+顔にも使えるボディソープ

このどちらかで、アイテムと手間がひとつ減らせます。

泡タイプのボディソープ

ボディソープを泡立てる手間がないだけで、かなり負担が減ります。

泡立て用のネットやスポンジも断捨離できて一石二鳥です。

肌が綺麗な人がよく使っているということで、わたしはミノンの全身シャンプーを使用中。

過不足なく全身を洗うことができています。ほぼ無香料なので入浴剤やボディクリームの香りと混ざらないのもいいですね。

オールインワンジェル

わたしは基本的にお風呂でクレンジングと洗顔をし、湯船の中でスキンケアをします。

以前は化粧水と保湿ジェル、お風呂を出てからボディクリームを使っていたのですが、これがひとつにまとまったらかなり楽になりそう!と思い、雑誌LDKでオールインワンジェルのランキング1位というモイストボタニカルジェルを使い始めました。

テクスチャーは、以前使っていたナチュリエのハトムギ保湿ジェルより粘度が高めな印象。

浸透すると割とすぐさらっとしますが、乾燥が気になるということもなく快適な使い心地です。

アイテムと手間を減らして、お風呂のハードルを下げる

石鹸とタオルとラベンダー

ひとつにまとめられるアイテムはどんどんまとめることにしたら、お風呂で使うアイテムは8つから4つに。

お風呂で行う作業も減り、これでハードルをだいぶ下げることができたように思います。

  • リンスインシャンプー
  • W洗顔不要のクレンジング
  • 泡タイプのボディソープ
  • オールインワンジェル

お風呂に入るとなると、ついつい「シャワーで済ませずに湯船に浸からなきゃ」「ちゃんとボディケアもしなきゃ」と考えてしまいますが、考えすぎるとかえって嫌になってしまうもの。

疲れている時は一旦頭から離して、気を抜くのも大切なことなのではないかなと思います。

▶︎関連記事:帰宅後すぐにお風呂に入れば、すべてがうまく回りだす