日経WOMAN 2020年3月号に掲載されました

スキンケアが面倒。全身オールインワンジェル1本で済ませてみて思うこと

スキンケアが面倒。全身オールインワンジェル1本で済ませてみて思うこと

ズボラなので、毎日のスキンケアが面倒で仕方ありません。

ずっと化粧水と乳液、お風呂上がりにはボディクリームを毎日欠かさず塗っていたのですが、いつも「もっと楽にできないかなあ」と考えていました。

夜はお風呂で一連のスキンケアをするのですが、銭湯スタイルで入浴しているので、お風呂から出た後に持ち込んだ化粧水や乳液のボトルの水気を拭き取る作業が待っています。

その手間も地味に面倒で、少し前から化粧水も乳液もボディクリームもオールインワンジェルを取り入れることに。

「肌は手間をかけて手入れをしなきゃいけない」と思っていたわたしが、オールインワンで楽をするようになって感じたことを書いてみます。

物も手間も減ってすごく身軽になった

スキンケアが面倒。全身オールインワンジェル1本で済ませてみて思うこと

スキンケアに使うアイテムが、化粧水、乳液、ボディクリームの3つからオールインワンジェル1つになったので、物の管理の手間が減りました。

化粧水と乳液は同じブランドのものを使っていて、中身がなくなるタイミングが違うと新しいものを試したい時に少し困ることがあったのですが、そもそも1つにまとまっているとそういうモヤモヤがなくなります。

これまで化粧水を切らした、乳液を切らした、ボディクリームを切らした…と何かがなくなるたびに買いに行っていましたが、これも1回で済んでしまうのでとても楽。

コスパ的にも負担がかなり減りました。

そして何より、洗顔後のスキンケアがパパっと終わるのが嬉しいです。

オールインワンジェルでのスキンケアで肌は大丈夫なのか

スキンケアが面倒。全身オールインワンジェル1本で済ませてみて思うこと

オールインワンでのケアは化粧水と乳液を使うより手間がかからないので「楽をしていると将来痛い目に遭うんじゃないか」とずっと疑っていました。

ですが、自分が実際にオールインワンに変えてみて、特に肌にこれといった変化は感じられません。

むしろ、手間が減っただけ余裕ができて、化粧水と乳液を使っていた頃より丁寧にスキンケアができるようになり、肌の調子がよくなったくらい。

シンプルなケアになった分「ちゃんと浸透させよう」と意識するようになりました。

ネットや雑誌を見ていても、よくスキンケアの基本は保湿と言われています。

あれもこれもと手を出して中途半端になるよりも、シンプルで簡単なことをきちんと継続させることが大切なのではないかなと思います。

愛用中のオールインワンジェル

スキンケアが面倒。全身オールインワンジェル1本で済ませてみて思うこと

アットコスメでの評価が高く、口コミ件数も多かったモイストボタニカルジェルを使っています。

・3種類のオーガニック認証ボタニカル(アルテア根エキス、カミツレ花エキス、セージ葉エキス)

・5種類の植物保湿エキス(ハトムギ種子エキス、オウゴン根エキス、ユズ果実エキス、ビルベリー葉エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス)

・9つの無添加(無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリー・石油系界面活性剤フリー・シリコンフリー・タルクフリー・動物性原料フリー)

・弱酸性

unlabel公式サイトより引用

わたしは敏感肌寄りの乾燥肌ですが、特に刺激も乾燥も感じることなく使えています。

手に取った時は少し固めのテクスチャーに感じますが、伸びがよくてすぐに浸透するのでベタベタせず、塗った後の不快感がありません。

顔に塗る場合は2プッシュくらいが適量。毎日全身に1ヶ月以上使っていてもまだ2割くらい残っています。

プチプラでコスパも良く、好きな使い心地なのでしばらく使っていこうかなと思っています。

モイストボタニカルジェル
created by Rinker

シンプルなケアを継続させる

スキンケアが面倒。全身オールインワンジェル1本で済ませてみて思うこと

スキンケアを楽に済ませると「本当にこれだけで大丈夫なのかな」と罪悪感が出てきたりすることもありますが、せっかく手間のかかるケアを取り入れても、面倒で雑になってしまうのなら本末転倒。

意外と、シンプルで簡単なケアを毎日継続することが、将来の綺麗な肌への近道なのかもしれません。

自分のキャパの中で確実にできる範囲を丁寧にやっていきたいと思います。

▶︎関連記事:お風呂が面倒にならない方法。アイテムを賢く活用して負担を減らす