日経WOMAN 2020年3月号に掲載されました

ミニマリストOLの食生活。平日だけプロテインバーダイエットの日々

ミニマリストOLの食生活。平日だけプロテインバーダイエットの日々

シンプルな生活を心がけるようになってから、部屋や持ち物の見直しだけでなく、毎日のやるべきことや行動動線、立ち居振る舞いなど、あらゆる場面でミニマル化が波及していきました。

そんな中、最後まで無駄が減らせなかったのが食生活。

実家で暮らしていた頃から決して褒められた食事内容ではありませんでしたが、一人暮らしを始めてから、それに拍車がかかったような気がします。

ストレスで暴食が止まらなくなって激太りしたり、ダイエットに迷走してお菓子を食事代わりにしたりそんな紆余曲折を経て、最近になってようやく食事も最適化していこうと決意することができました。

この記事では、そんなわたしの最近の食生活のことをお話できたらと思います。

ミニマリストOL平日の食生活

  • 朝:グラノーラ・バナナ・ヨーグルト
  • 昼:プロテインバー2
  • 夜:ビタミンCサプリメント・好きなもの400カロリーまで
  • 間食:キャンディ・チョコレート

朝:グラノーラ・バナナ・ヨーグルト

ストレス暴食が止まらなかった時期、600gの大袋を一気に食べてしまったこともあり、鬼門の存在とも言えるグラノーラ

時を経て、ようやくうまく付き合えるようになってきました。やっぱり手軽に栄養バランスを整えることができるグラノーラは、なんだかんだで心強い味方。

バナナとヨーグルトを足すと腹持ちが良くなることに加え、朝食らしさが出るメリットがあるように思います。

フルグラごろっとグラノーラを中心に、いろんな種類を食べ比べるのも密かな楽しみ。最近のお気に入りは、名前の通りごろっとした食感で食べ応えのある、ごろっとグラノーラです。

昼:プロテインバー2

食事しているところを人に見られるのが苦手なのですが、仕事中にお腹が空くのも困るそんな悩みを解決してくれたのが、プロテインバーでした。

ダイエットというよりは、手軽に腹持ちのいいものを食べたいと考えた結果です。

これまであまり意識したことがなかったのですが、たんぱく質って腹持ちに直結します。

はじめはコスパと食事らしさを求めてゆで卵を持って行っていたのですが、ゆで卵レベルでも食べているところを見られるのに抵抗があるということで、今はプロテインバーに落ち着いている感じです。

チョコレートのお菓子感が味わえて食べ応えがある、1本満足プロテインバーがお気に入り。ですが、食べ過ぎてちょっと飽きてきたので、 inバーなども食べ比べがてら試したりしています。

どれも美味しいですが、わたしはやっぱり1本満足プロテインバーに戻ってきてしまいます。

ONEという商品も美味しいと評判なので気になっているのですが、なかなか実店舗で出会うことができずネットだとまとめ買いになりそうなので、迷っているところです。

夜:ビタミンCサプリメント・好きなもの400カロリーまで

平日の朝昼はだいたい固定メニューで過ごしますが、すべて決めてしまうと食事が楽しくないので、夜だけは「1日お疲れさま」の気持ちも込めて、好きなものを選んでいます。

ただ、何かしらのルールがないと食べ過ぎて激太りルート確定なので、基本は400キロカロリーまで、多くても500キロカロリー程度と決めています。

朝昼と間食でだいたい1000キロカロリー前後になることが多いので、1日の総摂取カロリーが1400キロカロリーくらいに収まるように計算してみました。

あすけんというアプリで身長や体重などを登録すると、摂取カロリーの目安がわかって便利です。

あすけんダイエット 体重記録とカロリー管理アプリ

あすけんダイエット 体重記録とカロリー管理アプリ

posted withアプリーチ

自由な夜ごはんの中で唯一決めているのは、ビタミンCのサプリメントを飲むこと。

果物やジュースなどに豊富に含まれているビタミンCですが、日常的に十分な量を摂取し続けるのは難しいなと感じて、サプリに頼ることにしました。

高コスパのDHCを愛飲しています。

間食:キャンディ・チョコレート

食欲がコントロールできなくなっていた時期は、毎朝コンビニでその日のおやつを調達するのがお決まりになっていましたが、今はキャンディとチョコレートがあれば十分だと感じられるように。

キャンディは、お菓子界の意外な優等生かもしれません。

わたしの場合、主に食後に「ちょっと甘い物食べたいな」と思ってうっかりお菓子の大袋を空にするパターンの失敗をすることが多いのですが、キャンディだと甘味が強いからか1粒でその気持ちがおさまるから不思議です。

とはいえ、お菓子がキャンディだけだと少し物足りなさを感じるので、チョコレートも一緒に用意して「物足りない」という不満から暴食に走るのを防いでいます。

少しでも健康と美容に貢献できたらという思いで、あえてあまり好きではないビターチョコレートを選ぶのが基本。ビターの中ではチョコレート効果CACAO72%が食べやすくて好きです。

食事もシンプルに考えると、暮らしが楽になる

ミニマリストOLの食生活。平日だけプロテインバーダイエットの日々

内容は少しずつ変化しながらも、食事メニューを固定化してから、もうすぐ1年ほど。食事のハードルが随分下がったように感じています。

洋服の断捨離関連の話題でよく出てくる「私服の制服化」のように、食事も固定メニューにすることで、無駄に消費するエネルギーが減るのかもしれません。

丁寧に暮らそうと思うと、毎回の食事内容もフォトジェニックなものにしなければいけないような気がしてきてしまいますが、人間そんなに毎日余裕があるわけなくて当たり前。

楽に継続できることを続けて「もっとできるかもしれない」と思った時に、だんだんとレベルを上げていくくらいでいいんじゃないかな?と思ったりしています。

▶︎関連記事:一人暮らしの食費について。メリハリが、ストレスフリーな節約のコツ