メルマガも始めました

寒さに耐えかねてホットブランケットを使ってみた話

寒さに耐えかねてホットブランケットを使ってみた話

今年の冬は寒すぎて、まだ春まで何ヶ月もあるのに、早くも心が折れかかっています。

本当、記憶の限りこんな過酷な寒さを経験するのは生まれて初めてレベル。できるだけ電気代を節約しようと思いつつも、常に暖房フル稼働な状態です。

おかげで、12月の電気代は前月比で1.5倍…さて、どうしようかと思っていたところ、タイミングよくホットブランケットをお試しさせていただく機会に恵まれ、さっそく使ってみることに。

この記事では、全体的な印象とともに、「ホットブランケットはエアコンの代わりになるのか?」という視点からもレビューをしてみようと思います。

今回試した椙山紡織のホットブランケットについて

今回お試しさせていただいたのは、椙山紡織というメーカーのホットブランケット。

サイトに記載のあった特徴の中から、個人的に気になったものをピックアップしてみました。

  • 心地よいデザインとサイズ感
  • エアコンのリモコンのような機能付き
  • 洗濯機で丸洗い可能
  • エアコンやヒーターより電気代が安い

心地よいデザインとサイズ感

寒さに耐えかねてホットブランケットを使ってみた話

「ホットブランケット」という言葉には、個人的になんとなくダサそうなイメージがあって。

いかにも「防寒着」みたいものを想像してしまい、普段の生活でも「デザインと機能のどちらかを選んで」と言われたら迷わずデザインを選ぶような価値観を持っているので、一時的なお試しとはいえ、気に入らない見た目のものが届いたら嫌だなと思っていたのですが、実際に届いたのはこんな可愛らしいデザインのもので拍子抜けしました。

色は、写真のほかにブルーもあります。個人的には、ブルーのほうが好みかも…!

寒さに耐えかねてホットブランケットを使ってみた話

肌触りも、マイクロファイバーのようななめらかな素材なので、リラックスして使うことができそうです。

サイズは140cm×140cmで、シングルベッド用のタオルケットの横幅と同じ。普通に膝掛けとして使う以外にも、肩からかけたり、ホットカーペットのように床に敷いて使うこともできるサイズ感です。

エアコンのリモコンのような機能付き

寒さに耐えかねてホットブランケットを使ってみた話

初めて見た時にびっくりしたのが、コントローラーの存在。普通にエアコンのリモコンみたいな作りになっています。

長い間ホットブランケットやホットカーペットのようなものに触れていなかったので、まず「リモコン」のような概念があることに驚きました。

ちなみに、付いているのはこんな機能。

  • センサー機能…室温が23℃以下になると変化を察知し、温度を自動的に約3℃上げて調整する
  • タイマー機能…2時間・4時間・6時間単位で、自動オフの設定ができる
  • 切り忘れ防止機能…タイマーを設定しない場合、12時間で自動的に止まる

なんだか、普通にエアコンのリモコンみたいでびっくりしました。世の中、こんなに便利になってるんですね…

洗濯機で丸洗い可能

寒さに耐えかねてホットブランケットを使ってみた話

さらにびっくりしたのが、洗濯機で洗えるということ。

ホットカーペット系のものって、布の部分にも電気っぽいものが入っており、洗うことは不可能だと思い込んでいました。

今回は一時的に借りているだけなので実践することはなさそうですが、コントローラーを外し、ネットに入れたら丸洗いができるそう。

日常生活を送っていたら、うっかり飲み物や食べ物をこぼすリスクってゼロにはできないので、これはかなり心強いですね。

エアコンやヒーターより電気代が安い

寒さに耐えかねてホットブランケットを使ってみた話

今回、一番惹かれたのが「電気代節約」という言葉。

最初にも書いた通り、冬場の電気代の高さって本当に悩みの種なのです。

春に電力会社を乗り換えたのでいくらか安くはなりましたが、それでもまだまだ冬のエアコンは強敵…!

今回使った分の電気代はまだ反映されていないので正確な数字はわからないのですが、このホットブランケットの場合、1時間あたりの電気代は約1.4円とのこと。

エアコンの電気代は、機種や電力会社にもよるので一概にはいえないものの、だいたい10円〜20円くらいが平均ということを考えると、かなりの節約になることがわかります。

いくらブランケットがあるからといって、真冬にエアコンを完全に消すのは抵抗があるので、低い温度で並行して使うことにはなりそうですが、それでも、いつも風量最大、時には「パワフル」にしていることを考えると、大幅な節約が見込めそうだなと思いました。

家の中にひとつアイテムが増えてしまうという懸念はありますが、現時点で普通のブランケットを普段使いしているので、それを入れ替えると思えば、買うとしてもそんなに抵抗はないかな…という感じです。

実際に使ってみた感想

寒さに耐えかねてホットブランケットを使ってみた話

実際に手に取ってみて、最初に思ったのは「触り心地がいい…!」ということ。

わたしは幼い頃から触覚が敏感なようで、服でも布団でも肌に触れるものがゴワゴワしていると気持ち悪く、気が散ってしまう傾向にあるので、「触り心地」というのは超重要なポイントなのです。

普段から普通のブランケットは使っていたのですが、やっぱりホットブランケットとの差は歴然…!

部屋全体も暖めたかったのでエアコンを切ることはしませんでしたが、いつもは25℃前後で最大風量に設定しているところ、22〜23℃の自動風量で十分暖まることができました。

エアコンは設定温度を1℃下げるごとに、電気代が5〜10%下がる説があるようなので、これはかなりの節約効果が期待できそう。

防寒的にも金銭的にも、厳しい冬の心強い味方になってくれそうな存在です。

わたしは重さもそんなに感じず、膝にかけたり、ソファーの上に敷いてホットカーペットのように使ったり、上着のように肩にかけたりして使ってみました。暖かいって幸せですね。

防寒面でも節約面でも救世主的な存在

寒さに耐えかねてホットブランケットを使ってみた話

こんな感じで、ホットブランケットという新たな選択肢を知ることができ、もうしばらく続く厳しい冬をなんとか乗り越えられそうな気がしてきました。

今回はレンタル利用だったのですが、電気代節約は魅力的だし、どのみちブランケットは使うので、実際に購入するのもありかな…?なんて思ったり。

冬って、寒いというだけで気が滅入るし、活動する気も削がれやすくなって嫌な季節だな…と思ってしまいますが、あと1〜2ヶ月でだんだん暖かくなることを信じて、いろいろ工夫をしながらなんとか乗り切っていきたいですね。

▶︎ 楽天で詳しくみる

▶︎ Amazonで詳しくみる

▶︎ Yahoo!ショッピングで詳しくみる