YouTubeも始めました!

お菓子がやめられない…ダイエット中だからと我慢せずに工夫する

お菓子を食べ過ぎて体重が増えてしまった…という経験はありませんか?

太った自分にショックを受けてダイエットしようと決めても、ずっとお菓子を食べる習慣があった人がその日から一切お菓子を食べないというのは無理があります。

わたしも甘いものが大好きで、あると際限なく食べ続けてしまう癖があったのですが、少しの意識でお菓子を適量まで抑えることができるようになってきました。

お菓子を食べすぎないためには、我慢せずに工夫することが大切です。

カロリーオフや栄養機能食品を選ぶ

これまで「ダイエット用のお菓子ってまずそう」という先入観があったのですが、せっかくダイエットを始めたので試しにダイエット用のクッキーなどを食べてみたら、印象が180度変わりました。

普通のお菓子と変わらずに美味しくて、これならむしろカロリーも低くて栄養素も入ったこっちの方がいいという考えにシフトし、今では毎日いろいろな種類を試すのが密かなマイブームです。

これまで試してきた中でのおすすめをいくつか紹介したいと思います。

たくさん食べたい!を叶える「SUNAO」

「痩せたいけどたくさん食べるのはやめたくない…」という人におすすめなのがグリコのSUNAOシリーズです。

一袋に15枚のクッキーが入って154キロカロリー。

バターの香りが広がって、甘くて美味しい!普通のクッキーと変わらない美味しさです。

クッキー自体は小さめですが、少しずつ継続的に食べ続けることができるので、際限なく食べ続けてしまう人におすすめ。

栄養も考えられた懐かしい味「ビスコ」

お馴染みのビスコ、実は低カロリーで栄養もとれる優秀なお菓子なんです。

1袋5枚入りで98キロカロリー。

こちらも小さめではありますが、クリームがサンドされているので味覚的にも満足感が高いです。

朝食代わりにも!食べ応えのある「クリーム玄米ブラン」

カロリーメイトと並ぶ知名度の栄養系お菓子、クリーム玄米ブラン。

1袋2枚入りで166キロカロリーです。

カロリーだけ見ると高めに感じますが、朝食に代用できるほど食べ応えがあります。

これも文句なしの美味しさ!種類も豊富で飽きません。

甘いものが好きな人にはメープルが特におすすめ。甘い香りに癒されます。

「これ以上体重を増やしてまで食べたい?」と自分に聞く

地味なようで意外と効果的なのがこの方法。

コンビニやスーパーで、不要なものを手に取ってしまった時に「これ、こんなにカロリーあるけど、太ってまで食べたい?どうしても食べたい?絶対食べたい?」と心の中で自分に問いかけるのです。

すると不思議と「いや…どうしてもってわけじゃないかも」と商品を棚に戻すことができたりします。

商品を手にした時に、すぐに裏面のカロリーを確認する癖をつけるのもいいですね。

ヘルシーなように見えて意外とカロリーが高いものも多いので、しっかり吟味した上で食べるものを選ぶのが大切です。

何かに集中する時間を作る

作業に没頭していると、いつの間にか時間が過ぎていたという経験のある人も多いかと思います。

それを利用して、食べること以外に意識を向ける方法です。

わたしは朝食後ひと段落すると、口寂しくなって早速何か食べたくなってしまう傾向にあるので、意識して朝食後すぐに作業に取り掛かるようにしています。

ふと我に返って甘いものが欲しくなった時は、上で紹介したようなお菓子をちょこちょこつまむような感じです。

作業に集中することで時間も有効に使えて一石二鳥だと思います。

我慢せずに工夫してお菓子を減らす

「絶対に痩せたいから、今日から一切お菓子を食べない!」とストイックに取り組むのもかっこいいですが、継続するのはなかなか難しいもの。

「本当に食べたい?」と自分に問いかけたり、食べること以外に意識を集中させたりと、いざお菓子を口にする前にワンアクション挟むことによって、お菓子の量は確実に減らせます。

もちろん食べるお菓子もカロリーを意識して、摂取カロリーをオーバーしないための工夫も大切です。

小さなことからコツコツと取り組んで、健康的にお菓子を楽しめるようになりたいですね。

▶︎関連記事:ダイエット中でも甘い物食べたい!ローカロリーで濃厚な救世主たち