YouTubeも始めました!

ミニマリストのダイエット。-3kgを目指して、いろんなものをローカロリーに置き換えてみた

ミニマリストのダイエット。-3kgを目指して、いろんなものをローカロリーに置き換えてみた

どか食い癖のせいで増えた体重を元に戻したいとずっと思いながらも、結局少し頑張ってはリバウンドを繰り返して、かれこれ1年。

だんだんどか食い後の体重の戻りが悪くなってきて、このままこの体重が定着したら困る…という危機感を覚えたので、少しの間、本腰を入れて頑張ることにしました。

基本はカロリー制限(1日1200キロカロリー)と高温反復浴で、どこまで落とせるか試してみようと思っています。

この記事では、カロリー制限のためにこれまで日常的に摂取していた食品を見直す中で見つけた、ローカロリーで美味しい、ストレスなく置き換えられる食品を紹介したいと思います。

ローカロリーに置き換えた食品

  • 牛乳・豆乳 → アーモンドミルク
  • チョコレート → キャラメル
  • ポテトチップス → 韓国のり
  • クッキー → グラノーラ
  • アイス → ヨーグルト+ミックスベリー
  • カップデザート → 0キロカロリーのわらびもち
  • 【番外編】食事 → サラダチキン

アーモンドミルク

アーモンドミルクとは、水に浸したアーモンドをミキサーで砕き、漉した飲料のこと。

参考 アーモンドミルクの特長アーモンドミルク研究会

アーモンドの風味付きのさらっとした牛乳みたいな感じの味で、アーモンドが嫌いでなければ美味しく飲める飲み物だと思います。

そんなアーモンドミルクの魅力は、なんといっても圧倒的に低カロリーであること!

  • 牛乳 → 約140キロカロリー
  • 豆乳 → 約100キロカロリー
  • アーモンドミルク → 約40キロカロリー

※それぞれ200mlあたりのカロリー

アーモンドミルクのカロリーはなんと、牛乳の約1/3、豆乳の約1/2しかないのです。

普段の飲み物は水がお茶なのですが、1日の中で何回かは、カフェラテのようなミルクで何かを割った飲み物が無性に飲みたくなるので、この時の飲み物をすべてアーモンドミルクに置き換え。

アーモンドの風味のおかげか、どんなドリンクもスタバでヘーゼルナッツシロップを入れた時みたいな雰囲気になって、なんとなくおしゃれになるのもお気に入りポイントだったりします。

牛乳の後味がなんとなく苦手なのですが、アーモンドミルクは後味がさっぱりしているところも好きです。

キャラメル

チョコレートが好きすぎて、常にバッグの中にチョコレートが入っていないと落ち着かないほどなのですが、家に買い置くと例えファミリーパックであっても一瞬で食べ切ってしまうという恐ろしい習性があるので、家に置くチョコレート的な食べ物はキャラメルに置き換えています。

別にそんなにキャラメルが好きなわけではないのですが、キャラメルはチョコレート同様濃厚な味ながら、わたしの感覚では一度に何個も食べることができないので一気に食べるリスクが低く、絶妙なポジションの存在なのです。

飴だと物足りず、チョコレートだと一気に食べてしまうので、心強い存在です。

韓国のり

甘いものほどではないのですが、たまに無性にしょっぱいものを食べたくなることがあります。

ダイエット中のしょっぱい系のおやつの定番といえば、さきいかや昆布、茎わかめなど。ですが、なんとなくそれだと物足りないな…と感じ、他にいいものはないかと思考を巡らせて、思い付いたのが韓国のりでした。

韓国のりって塩気からして高カロリーな気がしますが、意外にも1袋20キロカロリー程度のダイエット向き食材なんです。

とはいえ、食べ過ぎるとあまりよくないとは思いますが、スナック菓子の代用品としてはかなり優秀だと思っています。

グラノーラ

朝食のイメージが強いグラノーラですが、ある程度栄養のある間食としても活用することができます。

普段はなるべくゼリーやフルーツ、干し芋などのダイエット向けのものを選ぶようにしていますが、チョコレート系のスナックやクッキーなど、食べ応えのあるものを食べたくなった時はグラノーラの出番です。

栄養があるとはいえそれなりにカロリーもあるので、食べ過ぎに注意しつつ、これからも適度に活用していきたいと思っています。

ヨーグルト+ミックスベリー

アイス系のものが食べたい時は、ヨーグルトとミックスベリーにはちみつをかけたもので代用。

ミックスベリーは冷凍のものを常備しており、ヨーグルトと混ぜるとなんとなくフローズンっぽくなるので、それをアイス代わりにしています。

  • ヨーグルト → 約60キロカロリー
  • ミックスベリー → 約30キロカロリー
  • はちみつ → 約60キロカロリー

はちみつを多めにかけても1人分はこれくらいのカロリーで済み、栄養もあるので許容範囲かな?と思っています。

ちなみに最近は、タリーズのはちみつにはまっています。

0キロカロリーのわらびもち

ミニマリストのダイエット。-3kgを目指して、いろんなものをローカロリーに置き換えてみた

ダイエットの定番、0キロカロリーシリーズですが、ゼリーだとなんとなく物足りないなと思っていた時に遠藤製餡のゼロカロリーシリーズを発見し、全種類試してみました。

その中で一番美味しかったきなこわらびもちを常に冷蔵庫にストックしています。

甘味もちゃんとあって、食感もちゃんとわらびもちです。

【番外編】サラダチキン

最近は、仕事の日のお昼をサラダチキンに置き換えています。

すぐお腹が空くかと思いきや、空腹度は軽めのお弁当を食べた時とさほど変わらず、夕方の退勤まで特に問題なく過ごせています。

1食分の食事が100キロカロリー台になるので、カロリー制限をしてる身にはかなりありがたい存在です。

  • 炙りチーズ(ローソン)
  • タンドリーチキン(ローソン・ファミマ)
  • ピザ(アマタケ)

このあたりの味が特にお気に入りでよく食べています。

お昼の準備の手間がなくなって、なんだか気楽になりました。

できるだけストレスフリーなダイエット

ミニマリストのダイエット。-3kgを目指して、いろんなものをローカロリーに置き換えてみた

ダイエットという言葉にはなんとなくストイックなイメージがありますが、少しの発想の転換で、これまでの食生活をそこまで大きく変えなくてもカロリーを抑えることは可能だったりします。

ただ、感覚だけでカロリーコントロールするのは難しく、面倒でもカロリー計算は必須。痩せたければ多少の制限は受け入れるしかなさそうです。

要所要所で賢く置き換えをしてカロリーを節約しながら、たまにはカロリー上限の範囲内で好きなものを楽しむことも忘れずに、なるべくストレスフリーなダイエットを目指していきたいと思います。

▶︎関連記事:ミニマリストOLの食生活。平日だけプロテインバーダイエットの日々