日経WOMAN 2020年3月号に掲載されました

一人暮らしの食事改善。お菓子中毒から脱出するまでのこと

一人暮らしの食事改善。お菓子中毒から脱出するまでのこと

最近ようやく、そこそこまともな食事をとれるようになってきました。

密かに今年の目標のひとつにも掲げていた、食事の改善。早くも目標達成にあと一歩のところまで来たような気がします。

数ヶ月前から、ストレスが引き金になってどか食いする癖がついてしまって、あらゆる手を打っては失敗してを繰り返していました。

体重も過去最低レベルに増え、カロリーを気にするあまり、途中から食事代わりにお菓子を食べ始める始末…本当に我ながらひどかったです。

もともと食事に無頓着で、食べたいものを食べたいように食べていましたが、ここ数ヶ月は目をつぶれないくらいに偏った食生活を送っていました…

この記事では、わたしが食生活の改善を実現するまでに行ったことをまとめてみたいと思います。

お菓子を栄養機能食品に置き換える

一人暮らしの食事改善。お菓子中毒から脱出するまでのこと

お菓子って、カロリーの割に栄養はほとんどありません。

頭ではわかっていても、砂糖依存症になっていたのか、甘いお菓子を買わないなんてありえない!と、連日クッキーやチョコレート、シュークリームなどを大量に摂取していました。

食事をお菓子で済ませたことは、数知れず…

そこからいきなり、きちんとした食事をとる生活に切り替えるのはハードルが高すぎると感じ、まずはお菓子を、お菓子っぽい栄養機能食品に置き換えることに。

クッキー系のサクサクした口当たりのものがどうしてもやめられなかったので、クリーム玄米ブラン1本満足バープロテインチョコなどの、お菓子のような栄養機能食品を選んで食べるようにしてみました。

これはあまり抵抗なく実践でき、1本満足バーにはプロテインが含まれていて腹持ちもいいので、今でも朝食代わりに食べることが多いです。

▶︎関連記事:お菓子がやめられない…ダイエット中だからと我慢せずに工夫する

きちんとした「食事」をとる

一人暮らしの食事改善。お菓子中毒から脱出するまでのこと

いくら栄養機能食品とはいえ、これでまともな食事とは言い難いので、慣れてきてお菓子をあまり欲さなくなってきたところで、きちんとした食事を目指す方向にシフトしていきました。

いきなり自炊するのはハードルが高かったので、まずはコンビニでもいいから、とにかく「ごはん」を食べることを目標に設定。

初めは菓子パンはギリギリOKにしていましたが、お菓子と一緒でカロリーの割に栄養はないので、徐々に条件を厳しくして、今はパンなら、サンドイッチやベーグルを最低ラインにしています。

少しずつ慣れてきて、今では野菜と肉をバランスよくとれるような、

  • おにぎり+野菜の入った味噌汁
  • 野菜がトッピングされているカレー
  • 栄養バランスを考えて作られたお弁当

こういったチョイスができるようになってきました。

▶︎関連記事:ミニマリストの食事。最小限の食材で最大限の栄養を摂る方法を考えた

お菓子のストックは持たない

一人暮らしの食事改善。お菓子中毒から脱出するまでのこと

食べ物の選択ももちろん大切ですが、無駄な物を食べない仕組み作りも外せないポイント。

わたしの場合、たいしてお腹が空いていなくても、そこに食べ物があれば延々と食べ続けられてしまい、途中でやめることができないので、お菓子のストックを用意することは自殺行為に近いです。

ファミリーパックのような大袋でも、1日で食べつくしてしまいます…怖い…

お金のことを考えると、もちろんスーパーに売っているような大袋の方がコスパがいいに決まっていますが、あえてコンビニでミニパックを買うことで、食べすぎを防止。

お菓子に限らず、調理せずにすぐ口に入れられるものは際限なく食べてしまうので、なるべく家に置かないようにしています。

手持ち無沙汰な時間を作らない

一人暮らしの食事改善。お菓子中毒から脱出するまでのこと

以前は、仕事を終えて帰宅してからお風呂に入るまでに、2時間くらいの隙間時間がありました。

暇だと思うと何か食べたくなり、帰りにスーパーでお菓子を買い込むように…

初めは仕事後に何かやろうと思って作った時間だったのですが、結局ネットサーフィンで終わることがほとんどで「この時間いらなくない?」と思い、帰宅後はすぐお風呂に入るルーティーンに変えました。

お腹が空いた時は、玄関先で口に入れられるような小さなお菓子を買って帰ります。ひと息つくと確実に無駄な時間を過ごすことになるので、絶対座らない!と決めています。

無駄な時間をなくすことは、無駄な間食を防ぐことにもつながります。

▶︎関連記事:帰宅後すぐにお風呂に入れば、すべてがうまく回りだす

あまり思いつめすぎないことも大切

一人暮らしの食事改善。お菓子中毒から脱出するまでのこと

ここまでいろいろ書いてきましたが、精神的なことが原因などか食い癖は、時が解決してくれる部分も大きいです。

わたし自身も、頭では「なんとかしなきゃ」と思いつつ、暴食しては自己嫌悪に陥り、数日摂生するも、また暴食するループを何回繰り返したかわかりません。

もうこのままぶくぶく太っていくのかな…と何度も絶望しそうになりましたが、なんとなくやり過ごしていたら、だんだんまともな感覚が戻ってきて、体重も落ち着いてきました。

なので、あまり深刻になりすぎず、その時できる範囲のことを少しずつ頑張ってみることも大切なのではないかな?と思っています。

▶︎関連記事:どか食いをやめたい。ストレスの原因を考えて行動を変えることが大切